星空の伝言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

四大陸選手権2012の感想

フィギュアスケート四大陸選手権が終わりました。
今回の会場は1800mの高地ということでスタミナ切れになる選手が続出しました。

ペアとアイスダンスは放送無し。
リード姉弟が棄権したダンスはともかく高橋・トラン組が出ているペアくら放送して欲しいものです。

といつもと同じ愚痴を言ってから雑感へ。

まずは男子。
高橋大輔選手は2位。高地に警戒しすぎて勢いが無かった感じがしました。ワールドでは全力の演技を期待したいです。
無良崇人選手は5位。SPでの4回転は見事でした。でもFPはスタミナが続かず最後の方はグダグダに。残念。
町田樹選手は7位。SP4位でこれはもしかして表彰台も、とFPの演技は変に緊張していた感じがします。
優勝はパトリック・チャン選手。彼のスケートは美しい。いつもとんでもない点数が出るんですけど、大技を決めて滑らかに滑ってという結果なので悔しいけれど認めざるを得ないんですよね。

続いては女子。
浅田真央選手は2位。3アクセルはもうちょっとですねぇ。それよりも気になったのが3サルコー。今回も失敗していましたがこれが成功していれば優勝だったんじゃないでしょうか。
村上佳菜子選手は4位。彼女に何が足りないのかというとそれはスタミナだということが今回はっきりしました。後半のコンビネーションがきちんと飛べてれば表彰台でしたね。
今井遙選手は9位。残念。もう少し良い演技を見せてもらえると思っていました。ただ故障明けだったそうなので来年は万全な状態で挑んで欲しいです。
優勝はアシュリー・ワグナー選手。マーベラス。びっくりです。国際大会の女子で190点台の得点は久々に見ました。去年まではこんな選手じゃなかったのに。何があったのか気になりますw
キャロライン・ジャン選手が3位。復活といって良いのでしょうか。とうとうアメリカ女子が以前の地位に戻ってきたようです。
余談ですが長洲未来選手が全米7位で代表に選ばれなかったのが残念でした。

さて次は
世界選手権 in ニース 2012年3月28日~4月1日
日本の代表選手をおさらいしておくと
男子:高橋大輔選手、小塚崇彦選手、羽生結弦選手
女子:浅田真央選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手
ペア:高橋成美/マービン・トラン組
アイスダンス:キャシー・リード/クリス・リード姉弟
楽しみです。
フィギュアスケート | コメント:0 |
<<ロンドン五輪男子アジア最終予選 対マレーシア(A) | HOME | ロンドン五輪男子アジア最終予選 対シリア(A)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。