星空の伝言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

世界選手権2013感想 つづき

世界選手権2013感想 の続きです。

JSportsで録っていたペアとアイスダンスをやっと見ることが出来ました。
さすがに全選手を見る時間は無かったんですけど
何とか最終2組は見られたのでかなり満足してます。

というわけで雑感を。

まずはペア
タチアナ・ボロソジャル/マキシム・トランコフ組
さすがペア王国ロシアの代表。圧巻の演技で優勝です。
そしてこのペアからは五輪金メダルをロシアに取り戻す執念を感じます。
果たしてどうなるでしょうか。

アリョーナ・サブチェンコ/ロビン・ゾルコビー組
惜しくも3連覇を逃して2位でした。
ボレロのプログラムは良かったですけど完璧とまではいきませんでしたね。
来シーズンはロシアのペアとの五輪での一騎打ちになりそうです。

メーガン・デュアメル/エリック・ラドフォード組
なんとカナダのペアが3位で表彰台に乗りました。
ソロとスロージャンプでのルッツはこのペアの代名詞になりましたね。

カーステン・ムーア=タワーズ/ディラン・モスコビッチ組
わたしが一番印象に残ったのは4位のこのペアの演技でした。
なんとていうのか勢いがあって引き込まれました。
特にソロスピンが速くてそしてぴったりシンクロしてて素晴らしかった。
すっかりファンになりました。是非五輪で良い成績を取って欲しいですね。

龐清/佟健組
明らかにいつもの滑りではありませんでした。5位。
どうやら佟健選手が怪我をしたらしく
この試合の後で手術をすることになっているとか。
五輪までに無事に戻ってきて欲しいです。

川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組
前半は良い演技をしていたのに途中のリフトで
スミルノフ選手が壁にぶつかってしまい全てが狂ってしまいました。
何かとこのペアには不運がつきまとっている気がします。

高橋成美選手がペアの相手を組み直したので日本からのエントリーはありませんでした。
木原龍一選手と新しくペアを組んで佐藤有香さんにコーチしてもらっているようです。
来シーズンには試合に出てこれるんでしょうか楽しみです。

続いてアイスダンス
メリル・デービス/チャーリー・ホワイト組
もう一分の隙も無い演技で優勝でした。
だんだんすごみを増してきている気がします。

テッサ・ヴァーチュー/スコット・モイヤー組
FDはもう見事としか言いようが無いカルメンでした。2位。
このカップルのリフトは年々複雑になっていて
すでになぜあんな事が出来るのかレベルです。
でも来シーズンは凄みのあるプログラムでは無くて
久しぶりにラブラブな感じのプログラムが見たいです。

四大陸でもそうでしたがはっきり言ってこの上位2組は実力が抜けてます。
ここ4年は1位と2位を交互に取り合っています。
この順番で行けば来年は。。。

エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ組
またコーチのズーリンは難しいプログラムを用意したものです。3位。
ちょっと見ているこちらも疲れる内容のプログラムでした。
ただ演技自体は素晴らしかったのでこの順位には納得です。

アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ組
こちらも素晴らしいカルメンでした。4位。
演技順はくじ引きなので仕方ないとはいえ同じカルメンを演じた
ヴァーチュー/モイヤー組の直後に演技をするのは不運だなと思って
見てましたがそんな心配は無用でした。

ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ組
とてもとても感動的なプログラムでした。5位。
どうやら最近のわたしはカナダの選手に心を奪われる傾向があるようです。
途中のCuLiはもうため息が出るほど美しかった。

ナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルザ組
残念です。6位。
ブルザ選手が今年に入ってから怪我をしたそうで
来シーズンまでに元に戻ってきて欲しいです。

そして。。。
キャシー・リード/クリス・リード姉弟
四大陸が終わった時点ではガンバレ10位以内と言っていたのになぜこんな事に。20位。
この成績により五輪の1枠を獲得できなかったため予選会に出場する必要が出てきました。


ペアとアイスダンスにおいて来年の五輪で2枠以上を獲得した国は以下の通りです。
ペア
3枠 カナダ、ロシア
2枠 中国、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ
女子
3枠 カナダ、ロシア、アメリカ
2枠 フランス、ドイツ、イタリア

日本はどちらにも1枠すら有りませんので予選会からのスタートです。
実質ペアの出場は無理でしょう。

そして次に行われるのは国別対抗戦 in 東京 2013/4/11~13
もう来週です。。。
出場してくる6ヶ国とエントリー選手は以下の通りです。
それぞれ男子2名、女子2名、ペア1組、アイスダンス1組の順です。
カナダ
 パトリック・チャン、ケヴィン・レイノルズ、ガブリエル・デールマン、ケイトリン・オズモンド
 メーガン・デュアメル/エリック・ラドフォード、ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ
アメリカ
 マックス・アーロン、ジェレミー・アボット、グレイシー・ゴールド、アシュリー・ワグナー
 マリッサ・キャステリ/サイモン・シュナピア、マディソン・チョック/エバン・ベーツ
日本
 無良崇人、高橋大輔、浅田真央、鈴木明子
 エントリーなし、キャシー・リード/クリス・リード
ロシア
 マキシム・コフトゥン、コンスタンチン・メンショフ、アデリナ・ソトニコワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ
 タチアナ・ボロソジャル/マキシム・トランコフ、クセニヤ・モニコ/キリル・ハリャヴィン
フランス
 ブライアン・ジュベール、ロマン・ポンサール、レナエル・ギルロン=ゴリー、マエ=ベレニス・メイテ
 バネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ、ペルネル・キャロン/ロイド・ジョーンズ
中国
 王一、閻涵、李子君、張可欣
 彭程/張昊、于小洋/王晨

ワールドでの上位選手で出てきていない選手が多いですね。
どう影響してくるでしょうか。
フィギュアスケート | コメント:0 |
<<W杯男子アジア最終予選 対オーストラリア(H) | HOME | W杯男子アジア最終予選 対ヨルダン(A)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。