星空の伝言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

世界選手権2010の感想

先週はフィギュアスケートの世界選手権がありました。
というわけで今回の大会の雑感を。

ペア、アイスダンス
わたしの住んでいる地域での放送はありませんでした。
CS考えようかな。。。

男子
高橋大輔選手
五輪の金・銀メダリストがいなかったとはいえ優勝は目出度い。
それに挑戦した4フリップは回転不足は残念でしたが最高でした。
ぜひ来シーズンも挑戦してください。

ブライアン・ジュベール選手
見事な復活で銅メダル。やっぱりこうじゃないとですね。

ミハル・ブレジナ選手
五輪から気になっていた選手ですが今回の競技会の男子で一番見事な演技でした。
ベルネル選手を押しのけてチェコの顔になるでしょうか。楽しみです。

織田信成選手
どうしてしまったのかと言う演技でフリーの演技に進めず。
来年からはモロゾフコーチとは離れることになったようですけどその当たりが関係しているんでしょうか。

女子
浅田真央選手
見事な演技でした。優勝おめでとうございます。
あの見事な3アクセルを回転不足に判定するとはテクニカル・コーラーも見る目が無い。
何を隠そう日本人ですが(ぁ

長洲未来選手
ショートは見事だったのにフリーはメダル圏内に入って緊張してしまったでしょうか。
でも来年以降が楽しみになってきました。

シンシア・ファヌーフ選手
今回の競技会の女子で一番見事な演技でした。後1点で銅メダルでした。惜しいなぁ。

金妍兒選手
彼女の演技に文句を付ける気はありませんが点数はどう考えてもおかしいですよ。
確かに前半はそれなりの演技でした。
でも後半に入ってからの3サルコーで転倒、2アクセルでバンクして1アクセルに
そしてジャンプの失敗以降は明らかにテンションが落ちてグダグダでした。
それなのにフリー1位なんて。。。
もし金妍兒選手サイドに問題がないのだとすればルールがおかしい。
どなたかが靴履いた→30点 リンクに立った→20点 息した→10点
残りは演技の点数って言ってましたが冗談に聞こえないw

と言うわけで素直に浅田選手の優勝が喜べない世界選手権でした。

今シーズンのフィギュアスケートの競技会は全て終了です。
また来シーズンからソチ五輪に向けた4年がかりの勝負が始まります。
フィギュアスケート | コメント:0 |
<<前回の記事から1ヶ月 | HOME | 交易レベルキャップ解除>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。